ペットボトルの耐熱性能とその見分け方!熱い水を使うときの注意点

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

ペットボトルには、普通のものと熱い水にも強い特別なタイプがあります。これらは、耐えられる温度が違うんですよ。

 

どんなペットボトルかを見分ける方法のひとつに、蓋や飲み口の色をチェックすることがあります。

 

この記事では、普通のペットボトルと熱い水に強いペットボトルがどう違うか、どう見分けるか、そして熱いお湯を使ったときに起こるかもしれない問題についてお話しします。

 

sponsored link

ペットボトルの種類による耐熱温度の違い

​​

市販されているペットボトルには、一般的なものと高温対応の特別なタイプがあります。

それぞれ耐えられる最高温度が異なります。

 

通常のペットボトルの最高耐熱温度は50℃、一方、高温対応のペットボトルは85℃まで耐えられます。

 

普通のペットボトルは、最高50℃まで大丈夫です。これは、普段の生活で使う温度の範囲内ですね。例えば、水道の水は大体20~30℃くらいなので、50℃だとちょっと温かい水という感じです。

 

でも、この温度を超えると普通のペットボトルは壊れるかもしれません。だから、もっと熱い液体を入れるときは気をつけないといけません。

 

一方で、高温用のペットボトルは最高85℃まで大丈夫です。だから、もっと熱い液体を入れても大丈夫です。でも、お湯が沸騰してるくらい熱いとダメなので注意しましょう。

 

熱い飲み物用ペットボトルの見分け方

ホットドリンク専用のペットボトルは、蓋と飲み口の色で容易に識別できます。

 

■熱い飲み物用ペットボトルの識別ポイント

 

・蓋の色:鮮明なオレンジ色

・飲み口の色:真っ白

 

コンビニなどのホットドリンク売り場では、高温対応ペットボトルの蓋が目立つオレンジ色であることがよくあります。これは高温耐性があるペットボトルを示す典型的な特徴です。

 

ただし、製品によっては異なる色の蓋を使用していることもありますが、オレンジ色の蓋は耐熱性の一般的な目印とされています。

 

さらに、蓋がオレンジ色でなくても、飲み口の色で耐熱ペットボトルかどうか判断できます。通常のペットボトルの飲み口は透明なのに対し、耐熱タイプでは白くなっています。

 

つまり、蓋がオレンジで飲み口が白ければ、そのペットボトルが耐熱仕様であるとわかります。この情報を覚えておけば、簡単に高温用ペットボトルを選ぶことができるでしょう。

 

普通のペットボトルに熱い水を入れる際の危険性

普通のペットボトルに熱い液体を入れると、いくつかのリスクが伴います。具体的には、ペットボトルが次のような問題を引き起こす可能性があります:

 

・形が変わる

・溶ける

・破裂する

 

これらの問題はペットボトルの耐熱性に依存しますが、50℃から60℃の熱さの液体であってもペットボトルが収縮したり、溶けたりすることがあります。これにより、破裂する危険性も高まります。

 

また、熱湯を入れた後に蓋をする行為も危険です。熱湯が入ったペットボトルに蓋をすると、内部の水蒸気が冷えて水に変わり、その結果容器の体積が減少します。これによってペットボトルが凹むことがあり、結果として破裂する危険性があります。

 

そのため、熱いお茶やお湯をペットボトルに入れる際は、そのペットボトルの耐熱温度を考慮し、安全な温度範囲で慎重に扱うことが重要です。

 

ペットボトルに熱いお湯を入れるときの注意点

ペットボトルに熱いお湯を入れても、危ない物質が出る心配はいりません。

 

ペットボトルは、もともと体に悪い成分が入っていない素材でできているので、熱いお湯を入れても危ない物質は出ません。

 

でも、ペットボトルに熱いお湯を入れるときは、ペットボトルが形を変えたり、やけどをするかもしれないので気をつけてください。体に直接害はないけど、安全に使うためには注意が必要です。

 

 

自宅で作れるペットボトル湯たんぽの作り方​

自宅で簡単にペットボトルを湯たんぽとして利用する方法をご紹介します。

 

用意するものと作り方は次の通りです。

 

■用意するもの

・耐熱性のあるペットボトル

・50℃~60℃くらいのお湯

・タオル

・ゴムバンド

 

■作り方

 

耐熱性ペットボトルにお湯を8割程度まで注ぎます。

ペットボトルをタオルで包み、ゴムバンドでしっかりと固定します。

注意点:ペットボトルにお湯を満タンに入れないようにしてください。満タンだとペットボトルが変形する恐れがあり、火傷する危険もあります。

 

タオルを巻くことで、お湯の温度を長持ちさせることができます。ただし、ペットボトルは繰り返し使用するためのものではないので、使用状況に応じて新しいものに替えることが望ましいです。

 

頻繁に使用する場合は、専用の湯たんぽを使うことをおすすめします。

 

まとめ​​

市販されているペットボトルには、一般的なタイプと高温に対応したタイプがあり、それぞれ耐熱温度が異なります。

 

ペットボトルをお湯などの熱い液体で再利用する場合、それぞれの耐熱限界を理解し、ペットボトルが変形や損傷を受けていないかを定期的にチェックすることが大切です。

 

特に、ペットボトルに直接熱湯を注ぐ行為は非常に危険ですので、絶対に避けるべきです。ペットボトルを安全に再利用するためには、その耐熱性を常に念頭に置いて使用することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました