「科学」と「化学」の基本的な違いと特色

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

科学と化学。どちらも「かがく」と読みますがどう使い分けするんでしょうか?

ここでは「科学」と「化学」の意味の違いについて説明します。

 

sponsored link

科学とは

科学とは、実験や観察を通じて得られる、体系的かつ法則的な知識全般を指します。科学は非常に幅広い範囲をカバーし、自然科学(物理学、生物学、地球科学、天文学など)、社会科学(政治学、経済学、法学など)、人文科学(哲学、心理学、言語学など)まで多岐にわたります。学校の教科として考えると、科学は主に「理科」として教えられています。

化学とは

一方で、化学は科学の一部門として位置づけられており、物質の構造や性質、異なる物質同士の反応を研究する学問です。具体的には、物質がどのような構成をしているのか、どんな特徴を持つのか、そしてどのように反応して新しい物質に変化するのかを調査する分野です。科学と化学はしばしば混同されがちですが、化学は科学の広い領域の中で一つの専門分野にすぎません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました