軽井沢の位置情報:長野県と群馬県、どちらにあるのか?各エリア詳細解説付き!

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

本記事の内容は発表時点のものであり、変動する可能性があるため、出かける前には必ず公式サイトで最新の情報をチェックしてください。

 

皆さんは「軽井沢はいったいどの県に位置しているのだろう?」と考えたことはありますか?答えは長野県になります。

 

軽井沢は長野県と群馬県の近くにあるため、「もしかすると群馬県にあるのでは?」と混同してしまう人も少なくありません。しかし、軽井沢は正式に長野県に属しています。

 

「軽井沢」と一口に言っても、旧軽井沢、新軽井沢、中軽井沢、南軽井沢、北軽井沢といった様々な地区が存在し、「本当の軽井沢はどれなのか?」と迷う方もいるでしょう。

 

軽井沢の県境近くに位置する地理的な特性が、その所属県に関する混乱を生んでいる一因かもしれません。

 

この記事では、軽井沢の様々な地区、つまり旧軽井沢から新軽井沢、中軽井沢、南軽井沢、そして北軽井沢まで、各エリアについて詳しく解説します。

 

 

sponsored link

軽井沢はどこにある?長野と群馬の間で迷ったら

Googleマップで目立つ赤いエリアを見ると、軽井沢は明確に長野県の軽井沢町に位置していることがわかります。

地理的に長野県と群馬県の境にある軽井沢は、東京から北陸新幹線を利用して訪れる際、途中で群馬県を通ることになります。このため、軽井沢がどちらの県にあるのか混乱することも。

 

特に、軽井沢は長野県の東端に位置し、碓氷峠まで歩いて約20分で到達できます。

 

軽井沢の様々な顔

「軽井沢」という名前を冠する地区は多く、旧軽井沢、新軽井沢、南軽井沢、そして最近話題の中軽井沢まであります。

 

過去には旧軽井沢が「まさに軽井沢」とされていましたが、最近では新しい開発が進み、「軽井沢」の名を持つエリアが増え続けています。

 

興味深いことに、北軽井沢は実際には群馬県にあり、正式名称は群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢です。群馬県であるにもかかわらず「長野」という名前が含まれるのはユニークな点です。

 

軽井沢駅のすぐそばにあるのは、長野県の一部である軽井沢プリンスアウトレットです。

 

旧軽井沢の魅力を再発見

                  旧軽井沢銀座エリア

旧軽井沢は、軽井沢駅からバスで約4分の距離にあり、旧軽井沢銀座エリアには多彩な飲食店が立ち並んでいます。

 

このエリアには、軽井沢で人気のパン屋「沢村」や、伝統ある蕎麦屋「川村庵」、さらにはジョンレノンが訪れた「万平ホテル」があります。

 

また、旧軽井沢は軽井沢の象徴的な別荘地としても有名で、長い歴史を通じて軽井沢の魅力を今に伝えています。沢村や旧軽井沢銀座通りをはじめ、新旧のさまざまな魅力が融合する地区です。

 

美味しいソフトクリームや三笠ホテルのカレーパンなど、食べ歩きが楽しめるのもこの地区の特色。さらに、多くのパン屋が点在しており、レンタサイクルでのパン屋めぐりも魅力の一つです。

 

 

新軽井沢の魅力

新軽井沢は軽井沢駅周辺とその北側に広がるエリアで、地元の人々の生活空間としても知られています。特に、駅の北側から旧軽井沢にかけての範囲は、新軽井沢の中心とされています。

 

紅葉で有名な雲場池が新軽井沢の注目スポットの一つです。軽井沢駅北側に位置するレンタサイクル店を利用して、旧軽井沢エリアを巡ることが、この地域の自然と雰囲気を満喫する素晴らしい方法です。

 

南軽井沢の見どころ

南軽井沢は軽井沢駅南部に位置し、軽井沢アウトレットモールや軽井沢レイクガーデンがある地区です。約240店舗を擁する軽井沢アウトレットモールは、広大な敷地を誇るショッピングの目玉で、特に夏には多くの訪問者で賑わいます。

 

夏季は特にこのエリアは混雑し、アウトレットへの道路は渋滞することも。さらに、南軽井沢はスキーやゴルフといったスポーツを楽しめるリゾート地としても人気があります。冬季はスキー場でのアクティビティが軽井沢駅からのアクセスの良さも魅力の一つです。

 

中軽井沢の魅力

中軽井沢は、中軽井沢駅から北へ広がるエリアで、ハルニレテラスや星野温泉、石の教会などが知られています。中軽井沢駅からハルニレテラスまでは徒歩で約20分、便利な無料シャトルバスも運行されています。

 

川沿いに点在するお店での食事や、緑に囲まれた場所でのリラックスタイム、そして日帰り温泉での癒しを提供する中軽井沢は、モダンな軽井沢を体験するのに最適な場所です。

 

北軽井沢の特徴

北軽井沢は、中軽井沢から更に北に位置するエリアで、軽井沢スノーパークや軽井沢おもちゃ王国、鬼押出し園がありますが、実はこのエリアは群馬県にあります。

 

軽井沢という名前がついているものの、実際には中心部からはかなり離れています。軽井沢駅から鬼押出し園まではバスで約40分と、車がなくても訪れることが可能ですが、移動には距離を考慮する必要があります。

鬼押出し園

軽井沢旅行の完全ガイド

軽井沢は、長野県と群馬県の間にあるため、どちらの県に属するか混同しやすいですが、実際には長野県にあります。

 

東京からわずか1時間の新幹線の旅で到達できるこのリゾート地は、軽井沢アウトレットでの充実したショッピング体験や、ハルニレテラスでのおしゃれなランチタイム、そして自然溢れる景観を楽しむことができます。関東からのアクセスの良さも魅力で、日頃の疲れを癒すのにぴったりな場所です。

 

東京から軽井沢への移動方法や、料金を節約するためのチケット情報に関しては、「東京発軽井沢行き新幹線の利用法:料金を比較」を読むと参考になります。

 

軽井沢での宿泊をさらに特別なものにするためのホテル選びについては、「軽井沢で泊まりたいリゾートホテル選び」を参考にすると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました