「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」の違い

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」は似ていてどう違うかわかりませんよね?どれもコーヒーと牛乳の組み合わせのようで何がちがうんでしょう?

違いが分かれば自分の好きな味に出会えますよ。

この記事では「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」の違いについてご紹介します。

 

sponsored link

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

「カフェオレ」と「カフェラテ」には、使われるコーヒーの種類と調理法、さらにコーヒーとミルクの割合において主な違いがあります。

 

まず、使われるコーヒーの種類についてですが、カフェオレには通常、ドリップコーヒーが使用されます。フランス語で「カフェ・オ・レ」とも呼ばれ、これは「ミルク入りコーヒー」を意味しています。一方、カフェラテはエスプレッソをベースに作られます。イタリア語での「カフェ・ラテ」という名前も「ミルク入りコーヒー」を指しますが、こちらは特にエスプレッソ使用を前提としています。

 

次に、コーヒーとミルクの割合についてです。カフェオレでは、コーヒーとミルクがほぼ同じ割合で使用されます。一方のカフェラテでは、エスプレッソが全体の約20%を占め、残りの80%がミルクとなります。この割合は少し変動することもありますが、一般的にカフェオレに比べてエスプレッソの割合が低く、ミルクの割合が高いのが特徴です。このため、カフェオレはドリップコーヒーのマイルドな味わいとミルクの均等な比率により、穏やかな風味を持ちます。対照的に、カフェラテはエスプレッソの濃厚な風味にミルクが豊富に加わることで、クリーミーな口当たりが特徴となります。

 

また、使用されるミルクにも種類があります。普通に温めた牛乳、スチームミルク、泡立てたフォームミルクの3種類があり、各飲み物によって使用されるミルクの種類が異なります。

 

「カプチーノ」と「カフェモカ」の違い

 

「カプチーノ」と「カフェモカ」は、それぞれの成分、特にコーヒー、ミルク、追加される成分の使用方法において異なります。

 

まず、カプチーノについてですが、この飲み物はエスプレッソ、スチームミルク(蒸気で温めたミルク)、そして泡立てたミルク(フォームミルク)を使って作られます。これらの成分は通常、ほぼ同じ割合で用いられます。つまり、全体量の約1/3ずつがエスプレッソ、スチームミルク、フォームミルクです。カプチーノの特徴として、表面にチョコレートパウダーを振りかけることがありますが、これは主に装飾的な目的であり、飲み物の基本的な味わいには大きな影響を与えません。

 

一方、カフェモカはエスプレッソ、スチームミルク、チョコレートシロップ(またはチョコレートパウダー)から作られます。多くの場合、仕上げにホイップクリームがトッピングされます。カフェモカでは、エスプレッソとミルクの割合はカフェラテに似ていますが、チョコレートの風味が強調されるため、全体の配合は異なります。例えば、エスプレッソが20%、スチームミルクが70%、チョコレートシロップが10%という具合です。この飲み物の特徴は、チョコレートの甘さとコクが加わることで、デザートのような風味を楽しめる点です。

 

要するに、カプチーノはエスプレッソの味わいにスチームミルクとフォームミルクの滑らかさが加わる飲み物で、カフェモカはチョコレートの甘さとエスプレッソの深い風味が組み合わさった、よりデザート風の飲み物と言えます。

 

さらに、コーヒーとミルクの組み合わせには多くのバリエーションが存在します。例えば、ドリップコーヒーにクリームを加えたもの、エスプレッソの上にホイップクリームをのせたもの、フォームミルクを加えたエスプレッソ、エスプレッソとスチームミルクを合わせたオーストラリア風のコーヒー、カプチーノにココアパウダーやキャラメル、ヘーゼルナッツシロップを加えたもの、豆乳やスキムミルクを使用したバリエーションなどがあります。

 

タイトルとURLをコピーしました