古希のお祝いについての留意点:祝わない理由と個人的な祝い方、ギフト選びの考え方

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

インターネットで調べると、古希のお祝いに関して「控えるべき」という意見や「個人的に祝うべき」という情報が見られますね。これには皆さんも関心があるかもしれません。

 

まず、古希のお祝いを行うこと自体に問題はないです。しかし、古希のお祝いを避けるという考え方には、以下の4つの理由があります。

 

1.高齢者として扱われることへの抵抗感

2.早死にに関する迷信

3.厄年とされること

4.日本の伝統ではないという見解

これらの理由については、お祝いをする本人や家族がそれを気にしないのであれば、お祝いを行っても問題はないでしょう。

 

 

sponsored link

古希のお祝い:主催者は誰?自分で祝うことは可能?

普通、古希のお祝いは子供たちが主催することが一般的ですが、本人が望めば、自分で主催して親戚などを招くことも全然問題ありません。

 

この記事では、古希のお祝いを行わないほうが良いとされる理由を詳しく解説しています。また、避けるべきプレゼントとおすすめのプレゼントについても紹介しています。

 

 

古希のお祝いを控えるべき4つの理由:第一理由

古希のお祝いを控える主な理由の一つとして、「高齢者として扱われることを避けたい」という心理があります。かつては70歳で長寿を祝うことが一般的でしたが、現代では70歳を超えても活動的に過ごす人が多くいます。

 

現代の70歳は外見や精神面でも若々しく、仕事や趣味に積極的な方が増えています。調査によれば、現代における長寿のイメージは80歳以上にシフトしており、古希を祝うことで「年寄り」と見なされたくない人もいるのです。

 

70歳を迎える方々の中には、現役で働いている人もいれば、家庭で穏やかに過ごしている人もいます。古希のお祝いを行うかどうかは、その人や家族の意向によって異なります。

 

本人がお祝いを望む場合や家族が祝福を行いたい場合、誕生日など他の機会にお祝いを行うことが適切かもしれません。

 

 

古希のお祝いを控えるべき4つの理由:第二理由「早死に」の迷信

古希のお祝いを控える理由として、古希を祝った後に早死にするという迷信が挙げられます。この迷信は、過去に古希を祝った後に亡くなる人がいたことから生じたものですが、科学的な根拠はありません。

 

この迷信が広まった背景には、古希を祝うことで高齢を自覚し、精神的に落ち込むことがあるという現象が関係しています。さらに、70歳で仕事を離れると、生活に緊張感がなくなり、急激な老化を感じることもあるとされます。

 

インターネット上では、古希のお祝いの後に病気になったり亡くなったりした家族の話がたまに見られますが、これは単なる偶然であり、古希のお祝いが直接の原因とは言えません。

 

古希のお祝いについては、最終的に本人や家族の意見を尊重することが重要です。お祝いを望まない、またはこの迷信を信じる場合は、異なる方法で祝うことも一つの選択肢です。

 

 

古希のお祝いを控えるべき4つの理由:第三理由 厄年とされる年齢だから」

古希のお祝いをしないことが推奨される理由の一つに、70歳が「厄年」とされるという信念があります。

 

「厄年」とは災難が起こりやすいとされる特定の年齢のことで、70歳は男女共に一般的な厄年と見なされることがあります。伝統的に厄年には、本人が身近な人々に食事を振る舞い、災難を避けるための行事を行う習慣があります。

 

この背景から、古希のお祝いで他人から祝福を受けることが、この厄払いの習慣と相反すると考えられ、一部の人々には古希のお祝いを控える理由となっています。

 

しかし、厄年に対する考え方は地域や宗教団体によって異なり、必ずしも恐れる必要はないです。また、古希と厄年の関連性には明確な根拠がないため、古希のお祝いを行うかどうかは個人の判断に任されています。

 

 

古希のお祝いを控えるべき4つの理由:第四理由:中国の伝統であり日本の風習ではない」

古希、すなわち70歳のお祝いは、中国の唐時代に杜甫の詩「人生七十古来稀なり」に由来するとされています。また、77歳の「喜寿」は、草書体で書かれた「喜」の字が「㐂」に似ており、「七十七」を意味することから名付けられ、室町時代に日本で広まったと言われています。

 

このような背景を持つ中国由来の古希のお祝いを行わないという考えがある人もいます。実際、古希のお祝いの由来や理由を初めて知る人も多いでしょう。

 

長寿を祝う風習に関しては、不幸が訪れるという迷信を理由に控える家庭もありますが、これには科学的な根拠はありません。

 

現代では70歳を若々しい年齢と捉える傾向があり、失礼を避けるためにお祝いを控えることもあります。しかし、古希のお祝いを行っても問題ないので、ご安心ください。

 

 

古希のお祝いの主催者:自分で行うか、他人が行うか?

以前は、古希のお祝いを自分で感謝を示したい人や親族を招いて主催するのが一般的でしたが、現代ではこの形式で祝うことは少なくなっています。

 

昔は古希の祝いが数え年で行われることが多かったのですが、最近では満年齢で祝うのが一般的になっています。

 

通常、古希のお祝いの主催者は当事者の子供たちです。兄弟姉妹がいる場合は、彼らが共同で祝いの準備をすることもあります。

 

職場では、上司が古希を迎えると、部下や同僚がお祝いのイベントを企画することもあります。

 

結局のところ、古希のお祝いを誰が行うかには厳格なルールはなく、大切なのはお祝いする気持ちです。

 

 

古希のお祝いの食事準備のコツ

古希のお祝いをホテルや料亭で行う際は、主役の好みを反映させた料理やスタイルを選ぶと喜ばれます。コース料理を提供するお店を選べば、会の流れもスムーズです。

 

ただし、参加者の事情を考慮することも重要です。例えば、高齢者が多い場合は移動が大変な場合があるので、配慮が必要です。また、妊婦や小さな子どもが参加するなら、食事内容にも気を配ることが大事です。適切な会場を選ぶためには、事前に参加者の人数や年齢層を把握しておくことが望ましいです。

 

自宅でお祝いをする場合は、郷土料理を作る、寿司を取り寄せるなど、家庭らしい温かみのある祝いが実現します。私の経験では、自宅でのお祝いは母や祖母が手作りする豪華な料理や、親戚が集まって楽しむ素敵な日の記憶があります。

 

 

古希祝いで避けるべきプレゼント選び

古希を祝う際には、長寿と健康を願う意味合いが大きいですが、現代では70歳でも活動的で若々しい方が多いです。そのため、「年齢を意識させる」プレゼントは避けることが望ましいです。受け取る人の好みに合わせて、喜んでもらえるプレゼントを選びましょう。

 

さらに、縁起の悪いとされるアイテムもあります。以下にその例を挙げます。

 

・くし:苦しいことを連想させる可能性がある。

・白いハンカチ:終わりや別れを象徴するとされる。

・靴や靴下:踏みつけるという意味が込められている。

・包丁やはさみ:縁を切るとされる。

・お茶:葬儀の際の香典返しに使われることがある。

 

これらのアイテムは、贈った本人が喜んでも、周りからは不適切と見なされることがありますので、注意が必要です。

 

 

古希祝いのちゃんちゃんこ選び:紫色の意味とその重要性

古希を祝う際に着るちゃんちゃんこの伝統的な色は「紫」です。これは還暦の「赤」と同じく、特定の色が象徴的な意味を持つ例です。

 

紫色が古希で選ばれる理由にはいくつかの説がありますが、一般的には、紫が古代から高貴さや尊厳を表す色として知られていることが大きな理由です。このため、古希のお祝いに紫色のちゃんちゃんこが選ばれるのです。

 

 

古希祝いに適した花の選び方

古希のお祝いでは、伝統的にちゃんちゃんこと同様に紫の花を贈ることが一般的です。しかし、紫の花が地味に感じることや、白と紫の組み合わせが仏事を連想させることもあるため、必ずしも紫色にこだわる必要はありません。

 

古希のお祝いにおいては、花の色に厳格なルールは存在せず、本人が好む種類の花を選んで贈ると喜ばれます。それが最も心温まるギフトになるでしょう。

 

 

古希祝いにぴったりの男性向けギフトアイデア

快適なガーゼパジャマ

このパジャマは柔らかい二重ガーゼ素材で作られており、着心地が非常に良くリラックスできます。100%コットン製で肌に優しいため、敏感肌の方にも適しています。伸縮性のある生地が快適な睡眠をサポートし、4色の落ち着いたカラーバリエーションがあります。夫婦で色違いを着用するのもおしゃれです。

 

高級江戸切子グラス

皇室御用達としても知られる江戸切子は、繊細で美しいクリスタルカットガラスが特徴です。2002年に国指定伝統工芸品に認定された江戸切子は、その高級感溢れるデザインで優雅な時間を演出します。ペアで使えるグラスは、記念日のプレゼントとしても最適です。

 

 

古希祝いにおすすめの女性向けギフトアイデア

70本のピンクバラの花束

バラの花束は特別なプレゼントとして人気があります。通常、恋人同士の贈り物としてよく使われますが、色によって異なる意味があります。特にピンクバラは「暖かな心遣い」「感謝の気持ち」を表し、お祝いの場に最適です。70本のピンクバラの花束は、受け取る方を明るく、幸せな気持ちにさせるでしょう。

 

ジョンストンズのカシミヤストール

高級カシミヤ100%のストールは、寒い季節の暖かさを提供します。大きなサイズ(190cm×70cm)で、ひざ掛けとしても使えますし、肩に羽織るとスタイリッシュな印象になります。20色のカラーバリエーションがあり、さまざまなデザインの中から選べる楽しさがあります。

 

アメジストのジュエリー

古希祝いに最適な紫色の宝石、アメジスト。高貴な階級の人々が好んで身につけていた色のため、アメジストのジュエリーは特別な感覚を提供します。上品で目を引く大粒のアメジストは、大人の女性のエレガントさを演出します。2月の誕生石でもあるため、2月生まれの方にも最適なプレゼントです。

 

 

古希のお祝い:その意義と祝い方のまとめ

古希のお祝いを控えるべきかどうかについては、最終的には本人の意向が重要です。本人が気にしなければ、お祝いを行うことが推奨されます。誰が古希のお祝いをするかという点では、自分で祝うこともあれば、家族や職場の同僚によってお祝いが主催されることも現代では一般的です。

 

70歳という年齢は、新しい人生の始まりとも言え、健康や今後の幸福を祝って一緒にお祝いすることは喜ばれることでしょう。年齢にかかわらず、お祝いされることは心温まるものです。古希を迎える方の喜びや笑顔を思い浮かべながら、心を込めてお祝いの計画を立ててみましょう。

タイトルとURLをコピーしました