米寿のお祝いをするかどうかの検討ポイントとプレゼントアイデア

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

米寿は長寿のお祝いの一つです。

米寿のお祝いについては、時に「避けた方が良い」という意見も聞かれます。その理由としては、以下の4点が挙げられます。

 

sponsored link

米寿のお祝いをさける理由

迷信による早死にの懸念:

米寿のお祝いをした後に亡くなる例があるため、縁起が悪いと考えられることがあります。しかし、日本人の平均寿命を考慮すると、88歳での死去は早死にとは言えないのではないでしょうか。

 

お祝いによる安堵感:

大きな節目を祝った後に気持ちが緩み、それが亡くなる原因になると考えられることがありますが、これには明確な根拠はありません。

 

地域や家庭による慣習:

「米寿は祝わない」という伝統が一部地域や家庭にありますが、これは特別な理由に基づくものではなく、単なる伝統とされています。

 

高齢者の体調への配慮:

高齢者は体力や免疫力が低下していることから、無理にお祝いをして体調を崩させないよう配慮することが重要です。

 

米寿の祝い金の相場は約5千円から3万円とされていますが、地域や家庭によって異なります。また、米寿のプレゼント選びでは、不吉な意味を持つものや老いを象徴するものは避けましょう。

 

この記事では、米寿のお祝いに適したプレゼントのアイデアも紹介しています。お祝いを考えている方は、これらのポイントを参考にしながら、適切なプレゼント選びを行ってみてくださいね。

 

 

米寿は何歳のお祝い?

米寿のお祝いと88歳のお祝いです。ほかの年齢のお祝いと同様に昔からの風習では数え年でお祝いすることもありますが、今では満年齢でする考えが広まってきました。

 

地域によって風習が違いますので本人やご家族で相談して決めましょう。

 

米寿のお祝いのポイント:タイミング、方法、お祝い金の相場

米寿のお祝いは、通常、誕生日の近くでお祝いすることが多いですが、88歳の高齢を考慮して、本人の健康状態や体力に注意を払いながら、その意見も尊重することが重要です。盛大なお祝いでなくても、贈り物や家族での食事会などで祝うことができます。特に、家族からのメッセージが込められた手作りのアルバムなど、心のこもったプレゼントが喜ばれることでしょう。

 

お祝い金の相場については、一般的には5千円から3万円程度が目安です。

親子間では2〜3万円

親戚や友人は5千円から2万円

孫からは千円から1万円

 

が一般的です。大切なのは、金額そのものよりも、お祝いの気持ちを伝えることです。心を込めたメッセージを添えたり、お祝いの気持ちを表現したりする工夫をすることが大事です。

 

 

米寿祝いにぴったりなギフトアイデアと避けるべきアイテム

米寿祝いのプレゼント選びは、時に迷うものですが、贈る相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶと選んでいる間も楽しい思い出になります。米寿には金色や黄色が縁起の良い色とされているため、プレゼント選びにもこれらの色を取り入れると良いでしょう。ここでは、米寿のお祝いで避けるべきアイテムとおすすめのプレゼントをご紹介します。

 

避けるべきプレゼント

米寿のお祝いでは、以下のようなプレゼントは避けた方が良いでしょう。

 

・「苦」や「死」を連想させるアイテム

・香典返しでよく使われるアイテム、例えばお茶など

・老いを感じさせるアイテム、例えば老眼鏡や杖

 

おじいちゃんへのおすすめプレゼント3選

ちゃんちゃんこ:還暦は赤ですが米寿では金色や金茶色です。

 

湯呑み:毎日のお茶の時間を楽しむ方に最適です。名前やメッセージを入れると特別感が出ます。

 

カーディガン:外出時にも室内でも着られるゆったりとしたデザインが好まれます。ウール100%のものが人気です。

 

おばあちゃんへのおすすめプレゼント3選

プリザーブドフラワー:長期間保存が可能で、ケース付きなら埃からも守られます。メッセージ付きのギフトが特別感を出します。好きな色や似合いそうな色を選ぶと素敵ですね。

 

膝掛け:下半身を温めて健康を保つのに役立ち、肌触りの良い素材が喜ばれます。

 

ラタンの回転いす:膝が悪くて座ると立ち上がるのがしんどい人でも大丈夫。適度な高さと開店する椅子が楽に立ち上がれます。

 

孫からのプレゼント

クッション:座る時間が長い方には、低反発やマッサージ機能付きのクッションがおすすめです。

メッセージギフト:感謝の気持ちや祝福のメッセージをデザインし、フレーム入りでプレゼントするのが良いでしょう。

似顔絵:特に小さなお孫さんからの似顔絵は、成長を感じさせる素晴らしいギフトになります。

 

 

米寿祝いの疑問解決:お祝いを行うかどうかの判断基準まとめ

88歳の米寿のお祝いに関しては、時折「祝うべきではない」という意見が耳にされますが、これは多くの場合、昔からの迷信や言い伝えに由来しています。しかし、実際には、お祝いを行うかどうかは本人の意向や体調を最優先に決めましょう。迷信に縛られることなく、本人が望む適切な方法でお祝いを行うことが大切です。

 

もし本人がお祝いを特に望まない場合を除き、家族での食事会や心のこもったプレゼントを贈るなど、シンプルで暖かみのあるお祝いがおすすめです。子供や孫が一堂にそろう機会はなかなかなく、みんなが集まるだけでこのようなお祝いは家族の絆を深め、記憶に残る素敵な瞬間となるでしょう。米寿のお祝いについて、この記事を参考に素敵なお祝いができれば幸いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました