焼き芋に最適なさつまいもの選び方:4種類の比較ガイド

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

さつまいもは焼き芋としてその美味しさを最大限に引き出すことができる素晴らしい食材です。特に秋から冬にかけては、スーパーやコンビニで見かける機会が多くなります。海外では焼き芋を「baked sweet potato」と表現し、サツマイモを「sweet potato」と呼んでいます。

 

さつまいもには多種多様な品種が存在し、蜜が豊富なものからほくほくした食感、しっとりとしたタイプまでさまざまです。この記事では、焼き芋に適した5つのさつまいもの種類をピックアップし、それぞれの特徴を紹介します。加えて、焼き芋の保存方法や美味しい作り方、おすすめの裏技についても掘り下げてご紹介していきます。

 

■4種類のさつまいも比較表

こちらの比較表では、4種類のさつまいもの基本情報をまとめています。品種ごとに甘みや食感の違いが明確にわかります。たとえば、「鳴門金時」は他のさつまいもと比べて価格が高い点が特徴の一つです。この表を参考に、自分の好みに合ったさつまいもを選んでみてはいかがでしょうか。

シルクスイート 鳴門金時 紅あずま 紅はるか
食感 しっとり ほくほく ほくほく ねっとり
甘味 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★
相場

1kgあたり

600円から

1,000円程度

700円から

1,600円程度

600円から

1,500円程度

400円から

1,600円程度

 

 

sponsored link

人気のさつまいも5種類の特徴比較:しっとりからほくほくまで

さつまいもはその美味しさから、特に秋から冬にかけての焼き芋として人気が高まります。英語では「baked sweet potato」と表現される焼き芋は、オーブンで焼かれたさつまいものシンプルな調理法です。さつまいもには、ねっとり、ほくほく、しっとりといった多様な食感があり、各種類には独自の特徴があります。今回は、5種類のさつまいもの特徴を比較し、それぞれの焼き芋の魅力を深掘りします。

 

しっとり系のさつまいも

シルクスイートの特徴

シルクスイートは新しい品種で、滑らかな食感と甘みで人気です。収穫後すぐの焼き芋はほくほくし、貯蔵後はねっとりした食感に変わります。他にも、紅まさりやめんげ芋、ひめあやか、アメリカイモなどがしっとり系に分類されます。

 

ほくほく系のさつまいも

鳴門金時の特徴

鳴門金時は徳島県の特産品で、ホクホクした食感と上品な甘みが特徴です。昔からあるホクホク触感は焼き芋にぴったり。焼き芋にするときれいな黄金色になるのが特徴です。

 

紅あずまの特徴

紅あずまは関東地方で人気があり、加熱すると甘みが増し、糖度が高くなります。紅あずまは粉質で水分が少ないため、バターや牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。紅こまちやパープルスイートロードなどもほくほく系に含まれます。

 

このように、さつまいもには多様な種類があり、それぞれに個性的な特徴と美味しさがあります。焼き芋の好みに合わせて、様々な種類を試してみるのがおすすめです。

 

ほくほく系のさつまいもは他に紅こまち、パープルスイートロード、紅小金などがあります。

ねっとり系サツマイモの魅力:「紅はるか」と「クイックスイート」の特徴

 

ねっとり系サツマイモが注目を集める中、「紅はるか」と「クイックスイート」という二つの品種が特に人気です。

 

紅はるかの特徴

紅はるかは新しい品種で、そのクリーミーな食感と甘さが人気の理由です。この品種は、「安納芋よりもはるかに甘い」という特徴から名付けられました。焼き芋にすると、甘さが口の中で広がり、水分も豊富で滑らかな食感を楽しめます。生の状態で糖度が約40度、焼き芋にすると50~60度にまで上昇することがあり、安納芋を上回ることもあります。健康面では、便秘解消に役立つヤラピンが豊富に含まれているのも特筆すべきです。

 

クイックスイートの特徴

クイックスイートは紅あずまと九州30号の交配で作られた新しい品種です。この品種の特徴は、電子レンジ加熱で他のサツマイモよりも甘く仕上がることです。これは、低温でのでんぷんの糊化により麦芽糖の生成時間が長くなるためです。この特性により、電子レンジで簡単に石焼き芋のような甘さを実現できます。また、焼き芋にした後でも冷めても食味が落ちにくいのも特徴です。

 

ねっとり系サツマイモには紅はるかやクイックスイートの他、安納芋や紅天使などがあり、それぞれにユニークな魅力があります。

 

 

家庭で簡単に作る!美味しい焼き芋のレシピ

自宅で簡単に作れる、美味しい焼き芋の作り方をいくつかご紹介します。

 

電子レンジを使った焼き芋

濡れたサツマイモを新聞紙で包み、500ワットで1分半から2分加熱した後、解凍モード(または200ワット)で10分加熱します。新聞紙が水分の蒸発を防ぎ、急速加熱後に弱火でじっくりと甘みを引き出します。

 

オーブンで焼く方法

サツマイモを水気を拭かずにアルミホイルで包み、170度のオーブンで約70分焼きます。焼き上がったら10分放置すると、市販の焼き芋に近い味わいが楽しめます。

 

炊飯器で焼き芋を作る

洗ったサツマイモを炊飯器に入れ、水を半分の高さまで加えて炊飯します。焼き芋の感触を高めるためには、炊き上がり後にアルミホイルで包んでフライパンで7分ずつ蒸し焼きにするのがおすすめです。炊飯器は低温でじっくり加熱するのに適しています。

 

トースターでの作り方

濡れたサツマイモをアルミホイルで包み、トースターで20〜30分焼きます。よりしっとりした焼き芋を求める場合は、新聞紙で包んでからアルミホイルで包む方法も良いでしょう。ただし、新聞紙が燃えないように注意してください。

 

これらの方法を活用することで、家庭で簡単にお好みに合わせた美味しい焼き芋を作ることができます。ぜひ試してみてください!

 

焼き芋の保存方法

焼き芋を効果的に保存する方法は主に3つあります。

 

冷凍保存

冷凍保存は、焼き芋を完全に冷まし、タオルで水気を拭き取った後、ラップで包んで冷凍庫に入れる方法です。この方法で約2週間から1ヶ月保存でき、解凍は電子レンジで約3分加熱するだけです。特に蜜芋など甘みが強く傷みやすい種類は冷凍保存が適しています。

 

冷蔵保存

冷蔵保存は冷めた焼き芋をラップで包んで冷蔵庫に入れる方法で、約4日間保存可能です。カットした焼き芋は2日以内に消費することを推奨します。

 

常温保存

常温保存は新聞紙で包んで行いますが、焼き芋は日持ちしにくいため、1~2日以内に食べることが望ましいです。夏場は腐敗しやすいため、常温保存は推奨されません。使いかけの焼き芋は冷蔵または冷凍保存が適切です。

 

焼き芋の健康効果を最大限に活かし、適切な保存方法で長く美味しく楽しむことができます。

↓焼き芋の保存方法はこちらの記事も参考にしてください。

焼き芋の適量を守って楽しむための注意点と総括

焼き芋はその美味しさから、気づけばたくさん食べてしまうことがあります。しかし、何事も過ぎると良くないとされています。焼き芋も例外ではないので食べすぎには注意しましょう。

 

今回は焼き芋に関するさまざまな側面を掘り下げました。特に、焼き芋の冷凍保存方法の発見は、残った焼き芋を無駄なく活用するために役立つ情報です。上手に保存して美味しく焼き芋を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました