2024年の幸運を引き寄せる特別な日『母倉日』:行動すべきことと避けるべきこと、さらに最高の開運タイミングも解説

sponsored link
記事内に広告が含まれています。

2024年に迎える特別な日「母倉日」についてご存じですか?この日は、新たな挑戦を考えている方に特におすすめの日です。この記事では、母倉日の意味や、この日に行うと良い行動、避けた方が良いことについて詳しくお話しします。また、2024年の母倉日の日程や、特に運気が高まる日の組み合わせも紹介しますので、最後までご覧ください。

 

sponsored link

母倉日の意味とは?

母倉日とは、「母親が子を愛情深く育てるように、天も私たちを温かく見守る日」と言われています。「ぼそうにち」と読み、どんな活動にも最適な日とされています。天の力が私たちの背中を押し、サポートしてくれるとされるこの日は、新しいプロジェクトを始めるのに絶好のチャンスであり、特に「結婚」や「家庭生活」に関しても吉日とされています。

 

母倉日の由来

母倉日は、古い暦の「暦注下段」に記された「7つの吉日」の一つです。特に江戸時代の日本では、吉凶を重視し、日常生活に密接に関わっていた「占い」の一環として用いられました。暦注には日時や方角の占い、慣習や季節の事項などが記されていました。母倉日が記された「暦注下段」は、暦の下部にある日々の吉凶に関する記述です。この中の「七箇の善日」の一つが母倉日です。明治時代に暦注は廃止されましたが、吉日は今も日本人のポジティブな姿勢や誠実さを象徴するものとして大切にされています。

 

 

母倉日のおすすめ行動:家族のための吉日活用ガイド

 

「母倉日」とは、家庭や家族にまつわる活動に最適な日とされており、特に結婚に関するイベント(入籍、結婚式)、出生届の提出、出産などに良い影響を与えると言われています。家族の幸せや繁栄に重要な役割を果たす活動、たとえば住宅関連の契約、建築工事の開始、引越しなどにも適した日とされています。

 

さらに、母倉日は幅広い幸運をもたらすとも知られており、新しい挑戦や冒険にも最適な日です。例えば、宝くじの購入や新しい目標に向けたスタートにも理想的なタイミングとされています。

 

 

母倉日に避けるべきこと

特に母倉日に避けるべき行為は存在しないとされています。この日は様々な活動に適しており、何にでも積極的に取り組むことが推奨されています。ただし、不正行為や他人に害を与えるような行為は、母倉日であっても、他の吉日同様に避けるべきです。

 

2024年の特別な吉日『母倉日』カレンダー

2024年には、家庭や家族に関連する吉日として知られる「母倉日」がいくつか設定されています。母倉日は、一年を通して特定の日に設定され、家族の幸せや大切なイベントに最適な日とされています。以下に、各月の母倉日を紹介します。

 

1月には、6日、7日、18日、19日、30日、31日が母倉日として選ばれています。

2月は5日、6日、17日、18日、29日が、

3月は1日、12日、13日、24日、25日が母倉日です。

4月には11日、12日、23日、24日が、

そして5月は14日、15日(特別吉日多数)、26日、27日が母倉日として設定されています。

 

6月は7日、8日、19日、20日が、

7月は1日(特別吉日)、2日、16日、17日(特別吉日)、28日、29日(特別吉日)が母倉日です。

 

8月は8日、11日、14日(特別吉日)、17日、20日、23日、26日、29日が母倉日になっています。

9月には1日、4日、7日、10日、13日(特別吉日)、16日、19日、22日、25日、28日が、

10月は1日、4日、7日、8日、9日(特別吉日)、20日、21日が母倉日となります。

 

11月は1日、2日(特別吉日)、16日、17日、28日、29日が、

そして12月には10日、11日、22日、23日が母倉日です。

 

特におすすめの究極の海運日

特におすすめする究極の開運日は、母倉日と他の吉日が重なる日です。

5月15日(水)は4つの吉日が重なる日であり、7月には3つ以上の吉日が重なる日が多く、特にラッキーな月と言えます。

 

例えば、5月15日(水)は天恩日、一粒万倍日、大明日、大安が重なる日、

7月1日(月)は天恩日、寅の日、月徳日、

7月17日(水)は天恩日、一粒万倍日、大明日、

7月29日(月)は天赦日、一粒万倍日、月徳日が重なる日です。

 

また、8月14日(水)は天恩日、大明日、大安、

9月13日(金)は天恩日、鬼宿日、月徳日、

10月9日(水)は一粒万倍日、月徳日、大明日、

11月2日(土)は一粒万倍日、大明日、大安が重なる日となります。

 

 

母倉日のまとめ

「母倉日」は「ぼそうにち」と読み、「親が子を思い育てるように、天も万物を慈しみ育てる日」とされる吉日です。この日は、何事を行っても非常に良い日とされ、天のサポートを受けられる日と言われています。特に結婚や家の工事など、家庭に関わることには最適とされています。2024年には、これらの母倉日を利用して、運を最大限に活用してみてはいかがでしょうか。この記事もぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました